英会話 仲間 から様々な事を学ぶ

英会話 仲間 から様々なことを学ぶ

英会話 仲間 から様々な事を学ぶ。

 

プライベート英会話レッスン などで、個人的に英会話力を伸ばすことも有効ですが、スクールではなくても、英語を趣味とする仲間に定期的に会う機会があると、様々なことを学び自分の英会話力発展につなげる事が出来ます。

 

今回は『 英会話 仲間 から様々な事を学ぶ。』をテーマにお伝えします。

 

英会話 仲間を観察すると様々な事が学べる。

英会話スクールや教室に通ったり、英語を話す場に身に置くと、周りの人達から様々な事を吸収することが出来ます。

 

『どのような事を学ぶことが出来るだろうか?』という視点を幾つか持ち、そのような場面に身を置く場合と、そうでない場合では時間が経過すると大きな差になって現れると思います。また英会話学習のモチベーション維持の方法の一つとして利用も出来ます。

 

『ああこの表現は僕は使えないな~次回までに使えるようにしてみよう』『今回はどんな知らない表現が出てくるかな~』などと考えていると、受動的に授業を受けた場合と比べて違いが生まれることは言うまでもありません。

 

誰でもわかる当然の事ですが、案外折角の機会をうまく活かせていない場合が多いように思います。

 

以下に気を配るポイントについて記します。

 

英会話 仲間 から様々なことを学ぶ2

英単語・フレーズを真似る。

 

仲間が英語を話すのを注意深く聞いていると、自分とは違った領域の英単語を使っているのを知る事も出来ます。人間の趣味・嗜好は人によって様々なので、持っている語彙も、その人の特性により大きな違いが出てきます。

 

ですから、様々な人を注意深く観察し、語彙を吸収するというのは、英単語帳などで、漫然と吸収していくよりも、エピソード記憶に繋がりやすいので、覚えやすくなるでしょう。

 

自分が使えない英文法を吸収する。

 

英文法書などを通じて、ある程度体系的に英文法を知っていても〝自分が使える英文法というのが案外限定的なものである〟ということを、英語仲間が話す英語を聞いていて実感させられる場合が多いと思います。

 

そのような時は『自分がどのような英文法項目を会話の中で使う事が出来ないか?』ということを記録しておいて『意識的に使う努力をする』ことを心がけた方が良いでしょう。そのような意識を持って毎回レッスンに挑むと、時間の経過と共に無理なく〝使える英文法〟が頭の中に増えます。

 

英会話学習方法を吸収する。

 

定期的に英語を学習する仲間に会う機会があると、仲間の学習方法について尋ねてみるのも面白いかもしれません。

 

例えば私のケースですが、留学時代に英語で書かれた文法書や参考書を片手に独学で別な言語を学んでいる仲間がいたのですが、彼からは『貪欲に英語表現を吸収する為には、どのような手段を取るべきか?』ということを大きく学んだように思います。そしてそれが後に『 言えなかったノート』の作成に繋がったと思います。