英会話 上達 期間 について 私の場合

英会話 上達 期間 について 私の場合

英会話  上達 期間 について 私の場合

 

英会話学習をしてみたけれど、英会話が上達しないように感じる・・・という方もいらっしゃるかと思う。

 

私自身の体験をお伝えすると、不安・ストレスを軽減できるように思うので、今回は、私の英会話開始から1年間の体験を『 英会話 上達 期間 について 私の場合 』をテーマにお伝えしたいと思います。

 

英会話開始3週間

 

英会話を初めて行ったのは、海外に住み始めた時だったのですが、最初の3週間はコミュニケーション上のトラブルが多かった記憶があります。

 

特に致命的だったのは、リスニング力が殆どなかった事でした。周りが理解しているような簡単な事でも理解出来ていなかったり、変な誤解をしている事に時間が経ってから気付くと言う状況でした。

 

この当時はゆっくりであれば新聞が読めて、凄く簡単な英作文は出来るという状態でしたので、簡単な疑問文を作り、それを相手に質問すれば、どうにかコミュニケーションは成り立つものの、相手が一方的に話すとお手上げな状況でした。

 

英会話 上達 期間 について 私の場合2

 

英会話開始3か月

 

一人で旅行に出かけたのが、この頃でした。ラジオに耳を傾けてみると『以前よりは生の英語が聞き取れているかな~』という感じでした。

 

英会話は限定的な状況であれば、それなりにこなせるようにはなっていたので、一人で旅行をしてもあまり困るということはなくなりました。旅先で様々な国の人と話をして、交流を楽しむことが出来るようになりました。

 

英会話開始6か月

 

生活にもかなり慣れ、英会話もそれなりに出来るようになり、生活上のストレスはかなり軽減されました。

 

また、ラジオで流れてくるニュースを聞いていると、かなり聞き取れるようになり、英字新聞もそこそこのスピードで読めるような状態でした。

 

この頃突如、ある1週間~2週間程度、自分の思ったことを口から出そうとすると全然頭が回らない時期があったことです。この期間が過ぎると、少し英会話の上達を感じた記憶があります。

 

英会話開始1年

 

6か月前と1年前では、英会話力はあまり変化しているようには感じませんでした。

 

また、周囲は〝英語をペラペラ話せる〟と言ってくれたものの、自分の中では日本語から英語に置き換えているような感覚がありました。

 

大きく変化したのは、リーディングとリスニング力の大幅なアップでした。英字新聞はあまりストレスなく読めるようになっていました。

 

英会話学習と反省点と感想

当時の英会話学習を振り返り、反省する点があるとすれば〝瞬間英作文〟のような教材を留学初期に行っておけば良かった ということです。

 

口からスムーズに英語を出す為の基礎整備をもう少しうまく行えれば、英会話スタート最初の3か月の上達速度をもう少し高めることが出来たように思います。

 

また、良かった点はリーディングとリスニングを英字新聞やラジオニュースなどを聞きながら行っていた事です。

 

英会話はやはり4技能をバランスよく高めないと上達するのは難しいように感じます。

2015年8月31日 | カテゴリー : 英会話学習 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英会話 勉強法をTOEIC学習を学んだ生徒さん。

もともと英会話学習をしていた生徒さんが、会社からの指示のためTOEIC学習で目標点数を超える必要に迫られました。英会話学習をしていた生徒さんなので、会社からの指示にしぶしぶ従ってTOEIC学習を始めたのです。

ところが、この生徒さんは目標点数に到達し、大きく英会話学習や英語学習に対する考え方が変わりました。『理屈を理解しなければ英会話も上達しない』と考えるようになったのです。

それまでは、理屈を理解することなしに、なんとなく英語を話していたのです。私はこの状態を『 3歳児英会話学習』と呼んでいました。世間でよくあるような、子供が外国人講師の話す生の英語に触れながら、英会話を上達させていくというやり方です。

先程の生徒さんは、このやり方で英会話は上達すると思っていたのだそうです。

私がどんなに『大人はそのやり方で英語で学習してもまず英語を話せるようにはなりませんよ。話せるようになりたければ、ゆっくりでも良いから英文法の学習をしっかりやらなければだめですよ。英語の4技能をバランスよく向上させないと』と口を酸っぱくしていても、なかなかピンと来ていなかったのです。

それからTOEIC学習を本格的にやるようになり、たくさん問題集を解くということを継続したのですが、体系的に文法的な知識を構築し、さらに英語がスラスラ読めるようにならないとスコアアップができないということがわかりました。

考え方が大きく変わり、英語がスラスラ読めるようになり、英語の聞き取りもできるようになり、文法的に力もつきました。そして目標点数に到達しました。

これから再び英会話学習に戻るのですが、以前毛嫌いしていた内容を〝今度はしっかりやりたい〟とおっしゃいます。その毛嫌いしていた内容とは『簡単な文章を瞬時に英語にする訓練』などのことです。

TOEIC学習を通じて英語の文章の組み立てをきちんとやるには、英文法の知識が必要だということが実感できたのです。

英会話を上達させたければ、もちろん英語で話をする練習をしなければなりません。ですが、それと同時に私が思うのは、自分の持っている力以上に絶対に英語は話せないということです。自分が英単語でしか会話ができないのであれば、それにはきちんと理由があります。たくさん英語を聞いていても、聞き取りができるようにならないのにも理由があります。

英会話学習をしている人の中で、今よりもさらなる英語を獲得したい方は、一度TOEICや英検のような英語資格に挑戦してみると、自分が英語の4技能の中で不足していることが見えたり、新たな課題が見つかります。

英語の資格試験をそのような形で使ってみると良いかもしれません。

2015年2月24日 | カテゴリー : 英会話学習 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英会話 学習 運動のように考える。

英会話学習をしている人は、日々試行錯誤してると思うのですが、あまり難しく考えすぎるとストレスがたまるので、もう少し気楽に考えると良いと思います。

私の個人的な意見ですが、初心者の人はまず〝自分の思いを相手に伝えられるようにする〟ということをテーマにし英会話学習継続すると良いと思います。

自分の思いを相手に伝えられるようにするには、最終的にはたくさんの知識も必要なのですが、初心者の間は「自分の持っている知識で、相手に言いたいことを伝えられないだろうか?」と考えながら話をしていくようにすると良いと思います。そして、思うように会話が出来なければ、スイミングや自転車に乗る時のように体がある程度自動的に反応するようになるまで、練習を続けてみるのが良いと思います。

個人差があるので、どのくらい練習するとどのくらい成果が上がるのか?は明確では無いですが、ある一定期間一生懸命練習すると「どうにか自分の思いだけは相手に伝えることができるようになるものです。」

そしてそれはある程度駅ようになったら、次の段階を考えてみると良いと思います。

より詳細にいろいろなことを伝えたければ〝英文法をもう少し磨いてみよう〟〝英単語力をもう少しアップさせよう〟など少しずつテーマが決まってくると思います。そしてそれはまた改善していくのみです。

英会話 簡単 に上達する方法はあるのか?

インターネットなどで英会話学習に関する情報を閲覧していると〝簡単な英会話学習法はあるか?〟のような話がよく書かれています。

私のこれに対する結論は「英会話学習者がどう考えるか?心の持ち方次第で簡単にもなるし苦痛にもなる。ただし、学習なしに英語力が上がる事は絶対にない」というものです。

例えば私の場合、英会話学習は大変だと思った事はあまりありません。時間は費やしていますが、結構簡単だったと思います。(人から見るとそうではないのかもしれませんが、自分の感覚ではそうなのです。)その理由を考えてみると、英語を通じて何かしら楽しむことをしているからです。楽しいことは、大変なことでも苦痛でなくなります。

例えば、その昔英語ができなかった時に英語で新聞等を読めるようになりたいと思いました。ただしこの時の出発点というのは、英語の勉強しようということではなくて、英字新聞に対応いう情報が書かれているのか知りたい というのが始まりだったのです。そうするとこれを読もうと必死にはなるのですが、内容がわかってくると非常に楽しいのです。

また、英会話が全然できなかった時には、確かに最初は大変だったのですが、いろいろな人と話をして楽しみたい という欲求がまず強かったので、自分が知っている知識でとりあえず話そうとしたのです。そうするとなんとなくでも、英語でコミュニケーションが取れるようになります。そうすると英会話は案外簡単だと思えます。そしてそこから、より意思疎通ができるようになるためには、自分に対してどのような学習を課していかなければならないのか?ということを考えてそれを改善しようとします。それを繰り返すと英語学習はどんどん楽になります。

純粋に今日までこれを積み重ねてきたのです。

英会話学習をしようと思う人はまず、英語ができるとどういうことが楽しくなるのか?楽しくなる部分についてまずフォーカスして考えてみると良いと思います。

2014年12月10日 | カテゴリー : 英会話学習 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英会話 継続 出来る事も才能

英会話学習中のある生徒さんと、これまでのレッスンについて話をしていました。長期間にわたって学習中の生徒さんなのですが、少しずつ少しずつ成長しています。〝来年はまた1つ大きな目標を持ちましょう〟という話をしていたのですが、以前から目標としていたところにいよいよ来年挑戦できそうです。

英文法、英語リスニング、リーディング能力 全ての力が少しずつ上がってきているのですが、これもひとえにこの生徒さんが、地道に学習して下さった結果だと思います。そして改めて思うのは〝継続できることも才能である〟ということです。

短期間で大幅に力を上げてくれる生徒さんもいますが、一般的に英語学習や英会話学習の状況見ていると、地道に長く英語学習をして下さった生徒さんの方が、確実に力を上げています。そして講師として1番嬉しい事は、英語力が本当の意味でその人の人生にとって役立つものになっているということです。

英会話がある程度できるようになって、 以前よりも旅行が楽しめるようになったという方ももちろんですが、英会話学習から始まりそしてTOEICや英検学習などをしていって、転職などをして所得がアップしたり、社内で昇進したりする方、資格取得はもちろんのこと、英語で仕事をするようになったという方もいます。いずれの方にも共通しているのは、やはり地道な継続です。

長期的ビジョンで考えて、英語学習が人生に役立つものであればと思います。

英会話学習 方法

英会話学習している生徒さんだけではなくて、英語学習をしている全ての方達にお伝えしているのですが、英語学習というのはどうしても長い時間はかかります。そして、継続的に学習していかないとどうしても効率は上がらないので「長続きできる方法を考えてみてください」とお伝えしています。

いちばん簡単な、長続きできる方法の準備は「楽しめる方法を沢山考えること」です。

例えば私の場合は、英語学習用のCDを使っているとつまらないので、出来る限り生のニュースを聞くようにしました。この方が話の内容にも変化があり、飽きずに続けられるのです。また英語の文章を読む時も、英字新聞をよく読むようにしました。新聞を読む方が、英語教材よりも楽しく感じたのです。

また、英会話についてですが、向こうに住んでいた時には、よくパブに出かけて人と話をしていました。酒を飲みながら話すほうが楽しいし、思いがけない情報も収集できるし、そして何よりも実践的であるので、自分が英会話をする時に、そのような部分を改善すべきか?ということがリアルに解かります。また、英会話の中で英単語覚える方が、圧倒的に英単語帳で覚えるよりも楽である ということもあります。

楽しい方法を可能な限り考える方が、英会話学習は長く継続できます。そして、結果的に力が付きます。

英会話 パターンプラクティス

前回のブログで英会話学習のために、英会話 チャンク を覚えることの重要性について話をしました。

今日はパターンプラクティス についてです。

I eat breakfast every day. を I eat dinner every day. のように文章をどんどん変化させながら、英文を練習する方法です。

パターンプラクティスの良いところは、英文法をある程度理解した人が、様々な英文法の形に対して敏捷性を高める訓練です。頭で考えた英文を口からスラスラと出すことが重要なので、その回路を強化してくれます。

私が思うに、これには多大な効果もあるのですが、欠点もあると思います。結構退屈な練習であるということです。退屈ら練習であっても頑張ってやらなければいけないこともあるのですが、せっかく英会話学習するのであれば、楽しみながらやりたいものです。

そこで私のお勧めするのは『自分が英会話をしていて、スラスラできない英文法項目』や『スラスラ使えるようになりたいと思う文法項目』だけをまず集中的にやってみることと思います。自分が既にできている項目を練習するのは非常に退屈ですし時間がもったいないのでやめましょう。ぜひパターンプラクティスを、自分にとって有効な形で取り入れてみてください。

2014年9月8日 | カテゴリー : 英会話学習 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英会話 コツ 今自分が持っている知識で話せるようにする。2

英会話をする時には、案外少ない知識でもどうにかなるが、リスニングの為には知識が多い方が良い という話を前回のブログではしました。今日はその続きです。

少ない知識をどうすればうまく使いこなせるか? ですが、自分が実際に英会話をする時に、以下をじっくりと検証してみるとよい と思います。

1.どのような英会話をする必要に迫られたか?

2.必要な英会話上のシチュエーションを乗り切る為に、自分が今現在持っている知識で表現することが出来ないか?

3.既存の知識で英会話を乗り切れないのであれば、最小限どのような知識があると表現できるようになるか?

これらのことをジックリと考えてみると良いと思います。

日頃からそのように考えていると、少しずつ少ない知識でも応用が出来るようになるものです。

英会話上達が遅い方は、これらの事をあまり考えていない場合が多いようです。また、話せないからとやみくもに知識をインプットしたり、やみくもにアウトプット(スピーキング)することばかり考えます。練習する事自体は重要なのですが、短時間で効率よく訓練していく為には、上記の点について考えながら行うと、より楽に英会話学習をしていけると思います。

2014年7月28日 | カテゴリー : 英会話学習 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英会話 コツ 今自分が持っている知識で話せるようにする。

私は大学生になるまで、外国人と話すと言う経験が殆どなかった為、英会話というものを難しく考えていた記憶があります。そしてその難しいであろう英会話をする為に、大量の知識が必要であろうと思い、海外留学をする前に、単語やら構文やらを必死にインプットしていた記憶があります。ですが、インプットしたものの10%あまりしか口から出して使うことはなかったと思います。インプットがむしろ役に立ったのは、スピーキングの場面ではなくて、リスニングの時でした。

海外生活を始めた時の最初の英会話でのやり取りは、お世話になっていたホストファミリーのソファーに腰を掛けた時に『refreshmentsはいかが?』であったはずです。その時は、恥ずかしながら、このrefreshments という単語は知らなくて『文脈と状況から推測するに清涼飲料水であろう』位の状況でした。このやり取りをする為に、予想していた以上に、少ない知識で済んだ為ビックリしたものです。

それから1か月位は『自分が英会話でやり取りをする為に、どの位の知識が必要になるのか?』という視点で、英会話をしていたのですが、そこで得た結論は英会話をするには『案外少ない知識でもどうにかなるが、リスニングの為によい多くの知識がある方が良い』ということでした。

以降は、それを踏まえて知識の拡大を行いつつも、少ない知識をより効率的に運用することを考えて英語学習をしていきました。次回へと続く。

2014年7月27日 | カテゴリー : 英会話学習 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英会話 瞬発力 はどのように磨くか?2

英会話の瞬発力が無い方の中で、たまにいらっしゃるのは、英単語はたくさん知っているのに、うまく使えないというパターンです。

そんな方達は多くの場合、英単語そのものの意味だけを覚えている方が多いのです。使える情報として頭に入っていないのです。

例えば、morning という英単語を知らない人はいないでしょう。

ところが、初心者の方の中には『午前中に』=in the morning というのを正確に言えない方などがいます。

こういう基本的なフレーズが言えない方は、いくら難しい英単語をたくさん知っていても、英会話の時に使える形になっていない為うまく対応出来ないのです。

英単語を覚えるという作業自体は悪くないのですが、それをする時には『実際に自分が英会話で使う時には、この英単語はどのような形で使うだろうか?』と軽く考えてみれば良いのです。

そういう視点で一度考えてみると、自分が覚えておかなければいけない形と言うのは自動的に見つかるものです。考えないで、英単語を丸暗記していると、実に簡単に忘れてしまうと言う副作用もあります。

食べ物を噛まないで丸のみしていると、吸収しきれずに、下痢になって外に排出されてしまうようなものです。自分の血や肉としたければ、一度頭で消化してみる作業が必要になります。

2014年7月18日 | カテゴリー : 英会話学習 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa