世界放浪 英会話

世界放浪 英会話

世界放浪 英会話

〝世界放浪をしたいけれど、英語が全然話せなくて・・・〟と言う方がいらっしゃるかと思う。今回は『世界放浪 英会話』をテーマにお伝えしたい。

 

より実戦的な英会話が身に付く

 

世界放浪の旅を続けると、必要に迫られてコミュニケーションをする必要がある為、より実戦的に英会話技術を習得できる。

 

様々な国の人と話をすることによって、ネイティブの英語、フランス訛りの英語、スペイン語訛りの英語・・・様々なタイプの英語を聞き取る力も自然に身に付く。

 

また、体験を通じて様々な英単語を習得することも出来る。

 

出発前に最低限やっておきたい英語練習

 

実戦を通じて英会話を習得していく為には、ある程度自分の言いたい事を英文に出来る必要がある。ある程度英語で作文がスラスラ出来れば、それを後は口から出せば良いだけなので、英語を話す機会が沢山増えると運用能力は少しずつ上がる。

 

また、英作文が出来れば、あまり英語が通じない地域に行った場合でも、筆談を通じてコミュニケーションを取る事が可能になる。英語を聞き取る力は無いけれど、簡単な英文は読めると言う人も意外に非英語圏では多い。

 

この状態に持っていく為に、日本国内にいる間に、可能な限り沢山短文英作文練習をすることをお勧めする。様々なタイプの基本的な英文を口から出せるようにしておくだけで、実戦練習はかなり楽になる。

 

 

世界放浪 英会話2

現地情報を得る為に英字新聞が読めると良い。

世界放浪の旅の最中に様々な情報を得る為には、口からだけではなくて、目からも出来る事が望ましい。

英字新聞を読める状態で放浪の旅に出掛けると、英字新聞を読める事も勿論であるが、現地のネットカフェなどで情報を取得する事も出来るようになるからだ。

 

英会話を通じて生の情報を取得することにも大きな価値はあるが、リーディングが出来る事で、さらに得られる情報が多くなるのは言うまでも無いから、是非国内いる間にある程度英字新聞をスラスラ読める状態を作り上げておきたい。

 

聴き取りは実戦で自然に上達する。

 

日本国内に居る間に、可能な限りリスニング学習もするべきであるが、時間が無かったり、英語学習の何から手を付けなければ良いのか解からない方は、徹底的にリーディング能力を上げる事に費やすべきである。

聴き取り能力は、英文をスラスラ読む力に比例すると言っても過言ではない。ある程度スラスラ読める状態を国内に居る間に獲得しておくと、実戦を通じて、リスニングは自然に上達してしまう。

2015年9月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

ポジティブ 英会話

前回のブログの前回、前前回のブログもポジティブシンキングについて話をしましたが、今日もそれを続きです。英語学習や英会話学習をしていると、嫌な事は必ず起きてきます。ですがそんな時にも〝物事を楽しい側面から考える〟だけで結構うまくいきます。

例えば、かなり時間を遡りますが私の高校時代の英語の先生についての話をしましょう。私は公立高校出身ですが、私の英語の先生達は9割位は、あまりやる気がないような先生でした(笑)。英語教室をやっていて、あの調子であれば、1ヶ月もたたないうちに、閉校となると思います。(笑)

〝はい、この問題を黒板に出て星野君やりなさい。〟:英語教師

〝はい〟:私

〝はい。正解だね~ マルだね〟:英語教師

こういう調子であったのです(笑)

そこから私は以下のようなことを学ぶことができました。(笑)

・自分の頭で必死になって考え英語学習することで、自分にとって本当に身に付く英語を獲得できる。

・英会話をする時に、発音はどこまで重要であるか?

・自分がもし、英語教室をやっていたら、どのようなレッスンを展開すると生徒さんから喜ばれるか?

・英語がわからない学生にどのように指導していくと、より効率的か?

逆境とも言うべき状況でしたが、ポジティブに考えることで、今現在英語教室をやるうえで非常に役に立っています(笑)ポジティブに考えること、楽しいことを考えるだけで結果は大きく違ってきます。

2014年10月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英語の苦手克服 苦手なのは単に知識が少ないからかもしれない。

英語が苦手な人は世の中にたくさんいると思いますが、嫌になる理由の1つは、大きな思い込みであると思っています。その思い込みと言うのは単に英語の知識が少ないことが形で理解できない状態に陥っているのに、自分は英語のセンスがないと決めつけることです。

私がこれまで見た限り英語が苦手だという人の多くは、シンプルに〝知識が少ないから〟であるのです。逆に言うと、知識がどんどんどんどん増えてくると、苦手な人であったとしても英語は得意になります。実にシンプルな法則です。知識が少ないだけで英語ができないだけであるのに、自分はで英語ができないと思い込むのは、単なる偏見なのです。

話は変わるようですが、私には非常に酒癖の悪い友人がいます。先日もお酒が入るとああだこうだと文句をたれ始め、支離滅裂な話ばかりするのです(笑)。酒が入ると性質が悪くなるのは、一種の病気のようなものなので、今後彼と酒を飲む事はないでしょう。(笑)ですが、これで彼と絶縁か?というと、そうでは無いのです。彼の人間像全体を理解しているからです。

英語が苦手だという人は、自分のできないこと、1部に囚われているのと同じなのです。知識が増えて全体が見えてくるようになると、案外冷静に眺めることができるようになります。

2014年9月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英単語 勉強時間 と英語力

昨日のブログでは、英語力全般が向上して過去の成績をはじめ、すべての英語試験の点数が良くなった 学生さんの話をしました。

私の英語教室に通ってくれている生徒さん、特に学生の生徒さんに共通していることは、英単語 勉強時間 をある程度確保している生徒さんは、全般的に英語力が高いということです。

今の学生さんはとかく、英語という科目を、暗号解読や暗記科目の1種として捉えている傾向があるのですが、これではなかなか大学受験を始めとする現実が要求する英語力を身に付けることができません。そこで重要になってくるのは、早いうちから道具としての英語を身に付けようという意識を持ちながら、学習することと、英単語学習をコンスタントに可能な限り早い段階から始める必要があります。

そういう意味で一番ピッタリなのは、英検やTOEICを始めとして近く試験にチャレンジしながら英単語力を少しずつ獲得していくことです。

特に英検は、自分が習得しなければならない英単語が段階的に学習してていくことができるので最適です。毎日1時間も2時間も英単語ばかり勉強する必要ありません。15分とか隙間時間に学習していけばよいわけです。その積み重ねが長い目で見たときに必ず大きな英語力になります。

2014年9月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英会話 教師 の仕事とは?

英語の教師の仕事というのは、英会話をしたり、英文法を教えたりなどが当然含まれのですが、もう一つ重要である事は目の前の生徒さんをいかに英会話が話せるような状態に導くかと言うことです。実はこれが1番大事であると私は思っています。

英会話ができない状態というのもいろいろなケースが考えられます。

・英単語の数が少ない。

・英文法の理解が進んでいない。

・メンタルの問題(英会話を話すために必要とされる精神状態・姿勢)

単に英会話が出来ない・・・と言っても、こういう様々な複雑な要素が絡んでいると思うのですが、目の前にいる生徒さんか英会話ができない時に、問題点を指摘し、そして、その生徒さんを英会話ができる状態に誘導していくことが重要です。

英文法を勉強するのは嫌だという生徒さんが、仮にいたとしましょう。私はそこで、どうにか少しずつ英文法理解していけるような方向へと導いていく必要があります。これはまるで、野菜嫌いの子供に対し、どうにか野菜を食べてもらおうと様々な工夫をこらす母親のようなものかもしれません。

30年くらい前の英会話教師というのは、おそらく単に英会話をしているだけですなのかもしれません。しかし、時代は変化して英会話をする機会が増えてくるとなると、英会話教師の役割というのは、単なる英語を口から出す先生から、英会話ができるように導いていくアシスタントできない要素も非常に問われるのだと思います。

2014年9月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英会話 転職 前に短期で上達させる。

英会話学習を短期間で上達させるのに、最適な職業の方がいると思います。それは主に手に技術を持った職業の方です。美容師さんや看護師さんや医師、そして手に技術という感じではないですがデイトレーダーの方なども含まれるかもしれません。

簡単に言うと、1つの職場にあまり長く留まらなくてもそれなりに食べてことができる人達です。もしこういった職業についている方で英会話を上達させたいと心から思う方は、基礎力を充実させた上でみっちりと英会話短期留学をやるか、世界旅行に出かけることをお勧めいたします。帰国してもそれなりに職につけるので、転職のタイミングなどでそうしてみればよいのです。

実際に私の生徒さんの中にも看護師の方がいますが、世界旅行に出掛けて買い物するのにできるようになったと言う人を数々見ています。

くどいようですが、それやるために重要なのは、英文法の力が基礎的な英単語力と言った基礎的な英語能力を獲得した後で行うことです。これらの能力がないと、せっかくどんなに英会話を日常的に行う環境に、身をおいても、頭の中でどのように英文を作ればよいか?ということがわからないので、なんとなくの英会話しかできなくなってしまうのです。時間もお金もかけて世界旅行するのであれば、これほどもったいないことありません

2014年9月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英語 資格 を有効に活用することを考える。

先日新聞を読んでいたら、取りたい資格ランキングのようなものが出ていました。そしてその記事の中で、資格をせっかく取得したのにもかかわらず、それをうまく活用できてない人がたくさんいるということが書かれていました。これは実にもったいない話です。

英語資格や英会話能力に関してですが、自分の持っている技術と組み合わせた時にどういう結果を生み出すのか?ということをしっかり考えてみると、良いかもしれません。

その新聞記事の中では、ネイルサロンに中国人観光客がたくさん訪れて、語学能力がある人が求められている ということが書かれていました。ネイルサロン+語学能力だけで集客能力が大幅に高まり、結果として売り上げが大きく変わるわけです。そして、そういう口コミは、さらに別の口コミを生み出します。何もしなくても集客は簡単になるわけです。

私が1番ダメだと思うのは、その資格をとって、その使い方を考えないで、履歴書にただ記入するパターンです。もちろん資格を持っていないよりも持っている方が良いかもしれませんが、履歴書にただ記入するパターンではあまりお金を生み出すように思いません。その資格の魅力が相手に伝わりにくいと思います。

自分が持っている資格をどのように使い、どのようなサービスが提供できるか?と考えた時にその資格は本当の意味で有効になると思います。

2014年9月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英会話 品詞 理解について

英会話をするときに、自分が話している英単語がどのような働きをしているのか?ということに対する理解が浅い方が多いように思います。

例えば「go home」の「home」はどのような意味であるのか? と尋ねると・・・

多くの方が「家」と答えるものです。つまり、この場合のhomeがどのような役割であるか?ということを理解できていないわけです。「名詞の家」だと多くの方は考えているということです。

別の言い方をすると、品詞の理解が浅いということになります。

最終的にきちんと話せれば、全く問題は無いのですが、大人が英会話学習を始める場合、きちんとした英語を話したければ、どうしても理解をしながら進める事が必要なります。(全部を理屈で考えられる必要もないのですが)

英語は英単語の配列によって意味が決まってくるので、その英単語がどのような役割を果たすのか?という事をきちんと理解しなければ、正しい英語を話せないことになります。

先ほどのhome ですが、これは副詞ですので「家に」という意味になります。こういう副詞の使い方がわかるようになると、come here とか go there とかそういうものの使い方までが理解出来てしまいます。

 

 

2014年7月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

耳から覚える英会話 は記憶に定着し易い。

英会話表現の覚え方には様々なものがありますが、長期記憶と言う観点から考えると、私の経験上、耳から聞いたものを一番よく覚えているように思います。

ただし、そこには1つ注意点があるのですが、話の流れがあるものであるということです。様々な英語表現を一文ずつ聞くタイプのものでは、なかなか記憶が定着しません。

他の方はどうかわかりませんが、私の場合『こうこうしかじかの話の中で出てきた表現だ』という覚え方をするので、一文ずつ覚えるパターンでは記憶の検索ができないのです。

耳から英会話表現を覚えるもう一つのメリットは、リスニング対策にもなるということです。話の流れがある英会話CDなどを聞くことによって、リスニングのための耳を鍛えながら、たくさんの表現を覚えることができるので、こんなに素晴らしいことありません。

あくまでも私の経験論からなのですが、耳を通じて英会話表現を覚えるのに1番良い方法は、通勤通学中に聞くということです。隙間時間でやるのが1番気楽で長続きするように思います。覚えようとすると覚えられないので、話の流れをとらえるという感じで聞くのが良いでしょう。これを繰り返していると、いつの間にかそれらの表現を勝手に覚えてしまっているという状態になります。机に向かわなくても、英会話学習は結構できるものです。

2014年5月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英会話 イベント 時に英単語を覚える。

私はよく生徒さんに「英会話のレッスンに来る前に自分で使いたい英単語や表現を覚えて、実際に私のリアクションを見ながらそれを使ってみてください。」とお願いします。

どうしてそんなことをお伝えするか?というと、そうする方が、本や英単語集を使って覚える場合よりも、はるかに効率的に、楽に、そのような英単語や表現を覚えることができるからです。

1つの英単語を覚えることができると、それに対する反意語や類義語、名詞、動詞、副詞、形容詞までもが一度に覚えてしまうことができるので、是非そうするべきだと思うのです。

さて今日は、この応用バージョンのような話なのですが、何かのイベントがある時に、それに関連する英単語を覚えましょう ということです。

例えば、私がダブリンに住んでいた時に、友人達と動物園に行く機会がありました。実際に動物園出かけて見る前に、自分が知らない動物の名前や動物園に関連して英単語をしらみつぶしに覚えたのです。そうしてから英会話をすることによって、覚えることもできますし、また長期記憶となってくれるので、簡単にその英単語を忘れないというメリットもあるのです。

このようにしながら、私は何かのイベントや出来事がある時に、様々な分野の英単語をかなり楽に覚えてしまうことができました。

英会話をする時にも英単語は豊富であれば、言うまでもありませんし、そして何よりも、実際に文章を読んだり英作文をする際にも、ものすごく役に立つのです。

英検1級位の水準の英単語というのは、なかなか覚えるのが難しいものです。ですが、英会話をしながらこのような難しい英単語を覚えることで、このようなレベルの英単語は割合簡単に習得できます。

是非何かのイベントがある時には、英会話をする前にこういった下ごしらえをしてそのチャンスを逃さないでください。

2014年5月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa