世界放浪 英会話

世界放浪 英会話

世界放浪 英会話

〝世界放浪をしたいけれど、英語が全然話せなくて・・・〟と言う方がいらっしゃるかと思う。今回は『世界放浪 英会話』をテーマにお伝えしたい。

 

より実戦的な英会話が身に付く

 

世界放浪の旅を続けると、必要に迫られてコミュニケーションをする必要がある為、より実戦的に英会話技術を習得できる。

 

様々な国の人と話をすることによって、ネイティブの英語、フランス訛りの英語、スペイン語訛りの英語・・・様々なタイプの英語を聞き取る力も自然に身に付く。

 

また、体験を通じて様々な英単語を習得することも出来る。

 

出発前に最低限やっておきたい英語練習

 

実戦を通じて英会話を習得していく為には、ある程度自分の言いたい事を英文に出来る必要がある。ある程度英語で作文がスラスラ出来れば、それを後は口から出せば良いだけなので、英語を話す機会が沢山増えると運用能力は少しずつ上がる。

 

また、英作文が出来れば、あまり英語が通じない地域に行った場合でも、筆談を通じてコミュニケーションを取る事が可能になる。英語を聞き取る力は無いけれど、簡単な英文は読めると言う人も意外に非英語圏では多い。

 

この状態に持っていく為に、日本国内にいる間に、可能な限り沢山短文英作文練習をすることをお勧めする。様々なタイプの基本的な英文を口から出せるようにしておくだけで、実戦練習はかなり楽になる。

 

 

世界放浪 英会話2

現地情報を得る為に英字新聞が読めると良い。

世界放浪の旅の最中に様々な情報を得る為には、口からだけではなくて、目からも出来る事が望ましい。

英字新聞を読める状態で放浪の旅に出掛けると、英字新聞を読める事も勿論であるが、現地のネットカフェなどで情報を取得する事も出来るようになるからだ。

 

英会話を通じて生の情報を取得することにも大きな価値はあるが、リーディングが出来る事で、さらに得られる情報が多くなるのは言うまでも無いから、是非国内いる間にある程度英字新聞をスラスラ読める状態を作り上げておきたい。

 

聴き取りは実戦で自然に上達する。

 

日本国内に居る間に、可能な限りリスニング学習もするべきであるが、時間が無かったり、英語学習の何から手を付けなければ良いのか解からない方は、徹底的にリーディング能力を上げる事に費やすべきである。

聴き取り能力は、英文をスラスラ読む力に比例すると言っても過言ではない。ある程度スラスラ読める状態を国内に居る間に獲得しておくと、実戦を通じて、リスニングは自然に上達してしまう。

2015年9月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglisheikaiwa

英会話 どうやって習得 するの?

英会話 どうやって習得 するの?

英会話 どうやって習得 するの?

 

秋から本格的に英会話学習を開始しようと思っている方もいらっしゃるかと思う。本日は『 英会話 どうやって習得 するの? 』をテーマにお伝えしたい。

 

英会話をシンプルに考える

 

英会話が出来るというのにも、色々な段階があると思う。単語でのやりとりから、キチンとした英文で話をするまでその幅は広い。

 

英会話が出来るようになりたければ、まず最初に考えたほうが良いのは、可能な限りシンプルに考えると言う事だ。

 

アメリカ人やイギリス人の様に綺麗な発音で流暢に話せることは理想であるが、いきなりそこを目標にするとモチベーションは続かない。

 

相手に自分のメッセージを伝える感覚で

 

どのようにすれば、シンプルに英会話が出来るようになるか?ということであるが、一番簡単な方法は『どのようにすれば相手に上手く伝わるか?』と考えることである。

 

『異なった10人に自分の言いたい事が上手く伝わるか?』と考えると、シンプルで簡潔に話さなければならない状態になる。

 

英会話 どうやって習得 するの?2

 

英会話が出来る幅を拡げる為に

 

英語教師として、確実に言える事は、英会話が出来ない人の多くは英文法を理解していない人が多いということである。

 

この状態で英会話を行おうとしても、なかなかうまくいかない。自分の覚えている英文しか作り出すことが出来ないし、相手が言っていることを聞き取るのも大変になる。

何故文法を学んだほうが良いのか?

 

英文法だけを学んで英語が話せるようになる訳ではないが、英語初心者ほど英文法をシッカリ学んだ方が話せるまでの時間は少なくてすむ。

 

基本的な英文の作り方を理解する方が、スピーキングとリスニングの基礎能力と応用力を早く獲得できるからだ。

 

案外重要な発想力

 

持っている英語知識と英会話をする時間がほぼ同じであるのに、片方の方が英会話上達スピードが速いのは『発想力』に差があるからだ。発想力が高ければ、より少ない知識で様々な英会話が出来る。

例えば「東京スカイツリーはどこにあるのか?」と尋ねたい時に、この英文を言えなくても・・・

 

・東京スカイツリーはここから遠いですか?

・ここから歩いて行けますか?

・行き方を教えてくれますか?

・(地図を見せながら)この中のどれがスカイツリーですか? 

 

などと尋ねることが出来れば、自分の得たい情報を獲得することが出来る。自分の持っている知識をどのように活用するのか?と考えながら発想力を磨くことが重要だ。